免疫力を高めます

瓶からこぼれている薬

尖圭コンジローマの治療に使用されるアルダラクリームと呼ばれる軟膏ですが、これは患部に塗り込むことで局所的に免疫力を高める効果があります。

コンジローマの症状は感染者の免疫力などによって重症化する事もあれば、感染しても症状に気が付かない事もあります。
アルダラクリームはその性質を利用し、塗る事でそのポイントだけコンジローマの原因となるウィルスであるヒトパピローマウイルスへの免疫力を高め、ウィルスが増加することによるイボの増加を抑えつつ更に大きかったイボを小さく、そして最終的には消滅させることができます。
使用する際は患部にアルダラクリームを塗った後はクリームが透明になって見えなくなるまで念入りに患部に塗り込むという点、そして塗った後はクリームが落ちないように注意するという点があります。
軟膏系の医薬品は患部に塗り込み、そのまま放置することによって患部に薬効を浸透させて治療を行います。
その為、使用してすぐにシャワーを浴びてしまうと薬効が浸透する前に薬が落ちてしまい、使用した意味がなくなってしまうのです。
なので、使用する際は寝る直前など、この後何もする事が無くて寝るだけ……という状況で使用するようにしましょう。
また、人によってはアルダラクリームを塗って放置していると患部が爛れてしまった、という人もいます。
爛れてしまった場合も痛みを伴わなければ問題はない、という人もいますし、爛れた場合は使用をやめて病院に行くべきだ、という人もいる為、もしも使用するたびに爛れてしまって不安に思った場合などは病院に行き、治療を受けるようにしましょう。

きちんと治療を行えば確実に治療が出来る尖圭コンジローマ、アルダラクリームを使用して確実に治療を行いましょう。